Global
Font Size
  • Small
  • Medium
  • Large

改善情報

作画ソフトV-SFT Ver.5の改善情報を掲載しています。

最新改善情報 改善情報一覧


V-SFT-5 Ver.5.4.44.0 → Ver.5.4.45.0 更新日 2019/6/3

◆作画エディタ
No 項目 内容 V6 V7 V8
1960A01 カレンダ カレンダの「曜日」について、多言語一括コピーの対象となるように改善しました。
1960A02 選択環境設定 選択環境設定で、スイッチのみ選択可能な状態にしておき、テキストをドラッグして配置すると、テキスト入力の状態(白い枠の状態)のままとなる問題を改善しました。
1960A03 ファイルオープン メッセージにWindowsフォントを使用したV8画面データを開くと、強制終了する場合がある問題を改善しました。
1960A04 マルチテキスト マルチテキスト編集時、横スクロールに対応するように改善しました。
1960A05 オーバーラップ 以下の手順で操作するとエディタが操作不可になる問題を改善しました。
@ノーマルオーバーラップを配置し、入力キーを置く。
Aカタログからもう1つ入力キーを置く。
1960A06 ハードウェア設定 「接続機器選択」を「横河電機」から他のPLC機種に変更時、デバイス変換ダイアログの「CPUNo」.が全て「128」で表示される問題を改善しました。
1960A07 デバイス設定 「接続機器選択」で「MODBUS RTU」を選択時、フォーマット設定で接続機器に「富士電機: PXF(MODBUS RTU)」を選ぶと、各アイテムのデバイス設定欄で保持レジスタ「4」しか選べなくなる問題を改善しました。
1960A08 MICREX-SX 接続機種をMICREX-F→MICREX-SXに変更時、デバイス変換を行う場合にインポートデータに「WB100,WB103,WX1.0.0,0,1,1」の行があると、変換後スタートデバイスが「??1.0000000」と表示される問題を改善しました。
1960A09 プリンタ設定 プリンタ機種をEPSON PMシリーズ、EPSON PXV600/V700、EPSON PX-V500に設定しているV8画面データをTS2060に機種変更時、プリンタ設定を解除して画面転送すると、本体上にエラー184が発生する問題を改善しました。

◆TS/V8シリーズ本体
No 項目 内容 バージョン
1960B01 VNC TS2060にてEthernet接続のPLCを使用時、VNCクライアントと接続して操作を行うと、6〜7秒ほどサイクルが停止することがある問題を改善しました。 2.280
1960B02 PLC機種:RS Automation X8  バッファリングエリアで「STRING型」を「使用」にしていると画面データエラー27が発生する問題を改善しました。 2.280

◆TS/V8シリーズ通信ドライバ
No 項目 内容 バージョン
1960C01 LS:MASTER-KxxxS 通信エラー(異常コード0290)が表示される問題を改善しました。 1.090