Movie

V9機能紹介動画

V9シリーズの特長やV-SFT-6の操作性などをご紹介しています。

V9シリーズ機能紹介

V9シリーズの新機能、拡張機能を紹介します。以下を是非ご覧ください。

1.ジェスチャー操作

ピンチイン/ピンチアウトによる画面サイズの拡大縮小、スクロールによるオーバーラップの表示を紹介します。
 ジェスチャー操作を採用する事で、スマートフォンを操作するような感覚で操作が可能となります。
(2014/7/9)
Youtube動画 Youtube掲載動画はこちら
capacitive touchswitch
(再生時間:50秒)

2.キーボード入力

本体搭載のシステムキーボードを紹介します。
 本体のサイズにフィットした、見た目も綺麗なパーツを簡単に使用できるようになっております。
 また、日本語変換機能の操作性が向上しました。
 変換候補をタッチして選択できるため、直感的な操作が可能となっております。
(2014/7/9)
Youtube動画 Youtube掲載動画はこちら
talk to tablet terminals
(再生時間:1分6秒)

3.便利な機能

オーバーラップの枚数拡張、アラームのバックアップ表示を紹介します。
 また、新たに追加されたステータスバー表示を紹介します。
 各種状態が簡単に確認できるようになっております。
(2014/7/9)
Youtube動画 Youtube掲載動画はこちら
cloud server
(再生時間:2分3秒)

4.操作ログビューア new

操作ログビューアを紹介します。
作画ソフト「V-SFT Ver.6」にて、チェックボックスにチェックを入れるだけで使用できます。
 この機能はログの検索・絞り込みができるため、希望のログが簡単に確認できるようになっております。
(2014/11/26)
Youtube動画 Youtube掲載動画はこちら
cloud server
(再生時間:1分11秒)

V9シリーズ本体機能紹介

V9シリーズの本体に搭載されている機能を紹介します。以下を是非ご覧ください。

1.ローカル画面での設定変更 new

V9シリーズで直接、バックライト設定、および通信設定を変更する方法を紹介します。
 現場で手元にパソコンがなくても、簡単にシステム関連の設定を変更できるようになりました。
(2014/11/26)
Youtube動画 Youtube掲載動画はこちら
capacitive touchswitch
(再生時間:1分22秒)

2.便利な機能 new

ストレージビューア、ネットワークテスト、IP重複テストを紹介します。
 パソコンがない状態でも、ストレージ内のデータのコピー/移動/削除が簡単にできるようになっております。
 また、Ethernet接続時の接続確認やIPアドレスの重複が、V9シリーズのみで確認できるようになっております。
(2014/11/26)
Youtube動画 Youtube掲載動画はこちら
talk to tablet terminals
(再生時間:1分40秒)

V-SFT Ver.6 操作性紹介

V9シリーズ発売に合わせてリリースされる新作画ソフトV-SFT Ver.6の操作性を紹介します。以下を是非ご覧ください。

1.ファイルの新規作成/保存

「新規作成」~「接続機器の設定」~「ファイルを保存」までの操作を紹介します。
接続機器の設定は、構成イメージをグラフィカルに表示するメニューに一新。
設定内容をイメージで確認することができます。
(2014/4/15)
Youtube動画 Youtube掲載動画はこちら
capacitive touchswitch
(再生時間:2分2秒)

2.図形やアイテムの配置(リボンメニューの採用)

リボンメニューを採用する事で、視覚的にアイテムを選択することが可能となります。
また、各アイテムの設定メニューも一新しました。
マニュアルを読まなくとも、直感的に設定を行える作りになっています。
(2014/4/15)
Youtube動画 Youtube掲載動画はこちら
talk to tablet terminals
(再生時間:2分2秒)

3.アイテム(スイッチ)の複数コピー等

スイッチの複数コピーの手順を紹介します。
複数コピー後の各スイッチの属性の変更方法なども紹介しています。
(2014/4/15)
Youtube動画 Youtube掲載動画はこちら
cloud server
(再生時間:1分57秒)

SCF2013 主な出展内容

SCF2013における展示内容の一部を動画で公開しています。以下を是非ご覧ください。

1.静電容量方式タッチパネルの採用(V9 Advancedのみ)

現在開発中のV9シリーズには、従来の感圧式タッチパネルに加え、静電容量方式のタッチパネルを採用。
これまでにない軽やかでスムーズな画面操作を実現しました。
(2013/11/21)
capacitive touchswitch
(再生時間:2分7秒)

2.無線LAN対応(V9 Advancedのみ)

V9シリーズにアクセスポイント機能を内蔵。
アクセスポイントを用意することなくタブレット端末とV9シリーズをリモート接続できます。
また、無線LANで接続されたV9シリーズをゲートウェイにして、接続機器間でデータの受け渡しが行えます。
(2013/11/21)
talk to tablet terminals
(再生時間:1分5秒)

3.クラウドサーバによるデータ活用

V9シリーズ用のクラウドサーバを構築する予定。
機械装置のデータをV9シリーズで収集しクラウドサーバに蓄積します。
蓄積したデータをパソコンに取り込み、予防保全や機械のメンテナンス需要に活用できます。
(2013/11/21)
cloud server
(再生時間:1分24秒)

4.VPN接続によるリモートメンテナンス

V9シリーズ用にVPN機能を内蔵。
「簡単」に「セキュリティを確保」し「低コスト」で遠隔からのリモートアクセスを実現します。
客先に納入した機械装置に異常が発生した場合でも、会社にいながら画面の遠隔モニタ、PLCのラダーをモニタしトラブルシューティングを行うことができます。
(2013/11/21)
Remote access
(再生時間:3分1秒)
  Adobe® Flash Player のダウンロード
動画をご覧いただくには、Adobe社のFlash Player ver.9以降が必要です。
Adobe社ウェブサイトから最新のFlash Player(無料)をダウンロードし、インストールしてください。
MONITOUCH