V-Server
  • V-Serverとは
  • V-Serverの特長

V-Serverとは

簡単な設定を行うだけでEthernet上に接続されたモニタッチを経由してプログラムレスでPLCにアクセスし、リアルタイムなデータをパソコンに収集・保存。レシピ管理やアラーム監視に連動したメール配信も可能です。

 V-Serverとは

V-Serverの特長

プログラムレスで生産現場のデータを収集

 ■データロギング機能

 現場の生産データ(PLCメモリ、温調器メモリ、モニタッチ内部メモリ)を定期的に読み出し、
 Excel/CSVファイル/データベースに保存します。

 ■サンプリングデータの読み出し

 モニタッチで蓄積したデータサンプリング/アラーム表示/ビットサンプリングなどのデータを
 読み出し、Excel/CSVファイル/データベースに保存します。

データ収集

レシピデータの一元管理で登録/変更作業を効率アップ

 生産設備のレシピデータを上位パソコンで一元管理。
 設備ごとに行っていたレシピ登録/変更作業の軽減や安定した品質の供給ができます。

レシピデータの一元管理

異機種・複数メーカーのPLCが混在する生産現場の情報も一括管理

 V-Serverは、モニタッチをゲートウェイとして、各周辺機器の情報を収集します。
 モニタッチが接続できる機器であれば、異業種・他メーカーの機器でも情報収集できます。

情報を一括管理

帳票印刷で日報/月報を手軽に作成(DDE機能)

 V-Serverで登録したタグをDDE形式でExcelに貼り付ければ、帳票も思いのまま。
 日報/月報など、各種報告書も手軽に作成できます。

DDE機能

どこにいても、いち早く現場の異常をキャッチでき、トラブルに即応

 アラームサンプリングを監視して、発生状況や履歴を表示。
 重要アラーム発生時にはメール配信もできます。

メール配信

事務所から現場のモニタッチを手軽にメンテナンス

 複数台のモニタッチのシステムを一斉にアップデートしたり、画面データの一括転送が可能です。

メンテナンス

モニタッチに挿入されたストレージの読み出しや書き込みが可能。

 モニタッチに挿入されているストレージ内のファイルをEthernet経由でパソコンに読み込んだり、パソコンで作成したファイルをストレージに書き込んだりできます。

ストレージの読み出し/書き込み

イベントを監視して、自動的にアクションを実行。

 現場のニーズに合わせてシチュエーションごとに多彩な動作設定が可能。
 生産ラインの仕様に合わせた自由度の高い設定が行えます。

 イベント
MONITOUCH